・・・ soubi information ・・・ 
 

2019.07 ブログup致します。


2017.08.13−16 夏季休業とさせていただきます。
夏季休業中のお問合せにつきましては、17日以降
順次させていただきます。
 

 2017.04.01   新生活応援キャンペーン中です!
ぜひ、ご来店下さい。お飲物も用意しております。

 
ホームページよりお問合せのお客様へ
携帯電話よりのお問合せの際に、
インターネット拒否のアドレスに
ご返信出来ませんので、

ご確認お願いいたします。
 

  NEW 施工事例 up↑ しました。
   おすすめ商品 up↑ しました。
   ショールームのご案内 up↑ しました。

こだわりの差が仕上がりの違いにでます

cloth_01.jpg
下地の処理をしっかりとすることで、クロスのよれや段差のない
奇麗な仕上がりを実現しています。

クロスを貼る壁部分は、石工ボードやベニヤ板などで出来ています。そのままクロスを貼ると、つなぎ目やビス部分の段差がクロスにも影響してしまいます。
創美では、その段差を必ずパテ(目地処理剤)で埋めてからクロス貼りを行っています。
プロの目でしっかりと見て、通常1回で終わらすパテ埋めを2〜3回施すことで、見た目だけでなく、手で触っても気持ちのよい壁をつくります。
また、しっかりと下地処理を施すことで、クロスも長く使えるようになります。

クロス(壁紙)施工の工程

cloth_03.jpg
1 下地処理

壁素材(石工ボードやベニヤなど)の状態にあわせた下地処理を行います。
パテ(目地処理剤)埋めも数回に分けて行い、ヤスリで磨き、より平らにしていきます。
最後に表面を掃除して下地処理が終了です。






cloth_04.jpg
2 クロスに糊付け

クロスへの糊付けは、専用の糊付け機を使用します。
下地の種類によって、糊の量や種類を調整することで、壁紙が奇麗に貼れるだけでなく、時間がたっても剥がれにくい壁紙をつくることが出来ます。
創美では、職人の長年の経験で、下地と壁紙に最もあう糊付を行っています。






3 クロス貼り


天井、壁の順でクロスを丁寧に貼っていきます。専用の工具を利用しながら、素早く貼っていきます。
cloth_06.jpgcloth_05.jpg



cloth_07.jpg4 完成

クロスを貼り、細部のチェックを行って完成になります。
クロスが貼られるだけで、部屋らしくなってきます。
リフォームでも、部屋の雰囲気を手軽に変える手段として、クロスの張替えは人気です。
お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。


リフォーム(張替え)の場合

cloth_08.jpg
リフォームの場合も、基本的な作業工程は一緒です。
ただし、新築の場合には無い工程がひとつあります。それは、

既存のクロスを剥がすことが必要

ということです。
クロスが古くなり硬化してしまった場合や、発砲系(表面がもこもこしている)クロス
などは、剥がすことが容易ではありません。まったく剥がれないという場合もあります。
その場合、ヘラなどを利用して剥がすことになり、傷ついた下地処理の手間が大幅に増えることもあります。
リフォームの場合には、事前の打合せをしっかりとし、余裕をもった工程で作業することが重要になります。

創美では、クロスが劣化する前の張替えをおすすめしております。今使用中のクロスに不安がある方はお気軽にお電話ください。